トップ 最新情報 プロフィール 衣裳・美術・ショップ 写真
映像 メディア情報 作品リスト ブログ ENGLISH
最新情報
11月 東京発ダンスブリッジ
セッションハウス企画の『ダンスブリッジ』に、昨年12月に行った作品「女は、旅である」を30分作品に改編し、「海を渡る」として上演。
異国の地へ花嫁として旅立ち、かの国で子どもを生み育てた日本女性たちの人生を描きます。
東京発ダンスブリッジ 旅は道連れ劇場
2018.
11.24(土)19:00
  11.25(日)14:00/18:00   
神楽坂セッションハウス B1
マドモアゼル・シネマ
『海を渡る』
 ◆振付・構成

 伊藤直子

 ◆出演
  竹之下たまみ 鈴木加奈子 蓮子奈津美
  古茂田梨乃 中島詩織 須川萌 佐治静

同時上演
 B.DANCE(台湾) 『Floating Flowers』
 笠井瑞丈・奥山ばらば 『薔薇の秘密』

総合演出
 笠井瑞丈
◆チケット
前売一般 :3000円 前売学生: 2500円
前売子供 :1500円
当日券:+500円
ダンスブリッジ全4企画を観られる4回券:10000円
 
ダンスブリッジ全4企画の情報はこちら
 http://www.session-house.net/dancebridge.html

◆ご予約
yoyaku@session-house.net

◆お問い合わせ
セッションハウス企画室
03-3266-0461

◆マドモアゼル・シネマSNS
Facebook twitter


照明 石関美穂 / 音響 上田道崇 / 舞台監督 鍋島峻介 / 映像 たきしまひろよし / 美術 くに若尾 / 衣裳 はらだまつの
主催:セッションハウス企画室 / 共催:(株)セッションハウス / 助成:芸術文化振興基金

森のちからX  和歌山県串本町ワークショップ
平成30年度 紀の国森づくり基金活用事業
『森のちからⅩ・未来の森』

命を育む森は、忘れていた未来を教えてくれる。

和歌山芸術文化支援協会(WACSS)が企画する「森のちから」に招聘され、マドモアゼル・シネマはワークショップを行います。歴史と文化を育んできた熊野の豊かな森で、子どもたちや地域の人々と交流しながら創作活動を行い、ビデオ作品を制作する予定です。

【滞在期間・ワークショップ】
 11/7(水)~11(日)
【場所】
 和歌山県立潮岬青少年の家
 http://omoshiro-yh.com/
【お問い合わせ】
 和歌山芸術文化支援協会(WACSS)
 073-454-5858
 office@wacss.org

主催:和歌山芸術文化支援協会(WACSS)
後援:串本町教育委員会
助成:
平成30年度 紀の国森づくり基金活用事業
協力:air和歌山実行委員会、和歌山県立近代美術館、
    特定非営利活動法人潮岬おもしろらんど体験学習推進協議会、
    田並劇場保存会、串本町のみなさま、
    EU・ジャパンフェスト日本実行委員会

朝倉加代展 Reimagine-境界線に立つ
ファッションショー×コンテンポラリーダンス
セッションハウス2Fのギャラリーで行われる『朝倉加代展』初日、マドモアゼル・シネマがファッションショーにてモデル&パフォーマンスを行います。

【日時】
2018.10月7日(日) 15:00~ (14:30開場)
※入場無料
【会場】
神楽坂セッションハウス2F

【朝倉加代展情報】
10/7(日)~15(月) 12:00~19:00
(初日15:00~/最終日16:00まで)

 ◆朝倉加代さん情報
 https://ameblo.jp/blue-bird-ameba
 instagram @kytwo_kayo_asakura


協力作家:
 岡洋美・象ぞう造・中谷綾
 ふうせん蔓・松本美樹
企画:豊田紀雄