トップ 最新情報 プロフィール 衣裳・美術・ショップ 写真
映像 メディア情報 作品リスト ブログ ENGLISH
最新情報
エチオピア ダンスフェスティバル






第1回エチオピア国際ダンスフェスティバル ADEY 参加

マドモアゼル・シネマ演目
赤い花・白い花

2017/10/26~30
首都アディスアベバ ナショナルシアター
エチオピアのDESTINOダンスカンパニーが企画する、エチオピア初のダンスフェスティバルに参加します。参加国はエチオピア、スペイン、スロバキア、ウガンダ、タンザニア、そして私達の日本。総勢80名のダンサーが集います。各国のダンサー達と相互にワークショップを行い、ダンスを仲立ちとした国際交流を育みます。
出演
竹之下たまみ 佐藤郁 鈴木加奈子
古茂田梨乃 須川萌 蓮子奈津美

スケジュール
10/25(水) DISTINOダンススタジオにて交流ワークショップ
10/26(木) オープニングパフォーマンス参加
10/27(金) マドモアゼル・シネマ『赤い花・白い花』(30分)上演予定
      ※日程変更の可能性あり
10/28(土) 他団体の企画参加予定
10/29(日) クロージングナイト 参加予定
フェスティバル専用サイト
https://destinodance.wixsite.com/adeyfestival


主催
DESTINOダンスカンパニー
http://www.destinodance.org/


助成
国際交流基金 ハニカム基金
クラウドファンディング(モーションギャラリー)
https://motion-gallery.net/projects/mademoisellecinema
国際都市新宿・踊りの祭典2017 参加
「踊りの祭典」は、一般公募で集まった国際色豊かな舞踊団体が次々と「踊り」を披露する国際交流を目的としたイベントです。マドモアゼル・シネマはゲスト出演し、12月に行う「女は、旅である」のショートバージョンを披露します。

11月11日(土) 11:00~17:00
新宿文化センター 大ホール
入場無料/全席自由/入退場自由

マドモアゼル・シネマ
女は、旅である ショートバージョン
16:30頃出演予定
主催 : 公益財団法人新宿未来創造財団  協力 : 神楽坂セッションハウス
問合せ : 新宿文化センター(新宿区新宿6-14-1) TEL:03-3350-1141
     開館時間 : 9:00~22:00 休館日 : 原則毎月第2火曜日
新宿文化センター・「踊りの祭典」情報 : http://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/odorinosaiten/
ダンスブリッジインターナショナル2017
女は、旅である
2017年1216(土)19:00 17(日)13:0017:00

1枚の写真を頼りに異国に旅立ち、その地で子供を産み育てた少女たちがいました。
時代の中で生きた人々に思いを馳せ、今踊る現代の女性たち。
時を超えたそれぞれの“喜怒哀楽”が呼応します。
女優の大方斐紗子を語り部に、時間は蘇り、物語はどこまでも続きます。


構成・振付
 伊藤直子
出演 大方緋紗子(女優)、吉田由布子(女優・ピアノ)、
    マドモアゼル・シネマ(ダンス)
     竹之下たまみ、佐藤郁、鈴木加奈子、古茂田梨乃、
    須川萌、中島詩織、蓮子奈津美
    
※12/17(日)17時終演後、インタビュートークがあります
◆チケット
前売一般:3000円 前売学生:2500円
前売小学生以下:1500円 当日:前売+500円
ダンス+演劇+音楽

大方緋紗子
福島県生まれの女優。俳優座付属養成所卒業。現代制作舎所属。舞台、テレビドラマ、映画、CM出演などのほか、声優としても活動。
近年、演技力はもちろん歌唱シャンソンの歌姫エディット・ピアフの曲をオリジナル訳詞で唄うコンサートを開くなどの活躍もしている。その他特技にダンス、日舞、狂言などがある。シアターコクーン・オンレパートリー2016メトロポリスに出演。
◆スタッフ
照明 石関美穂/音響 上田道崇/舞台監督 鍋島峻介/映像 たきしまひろよし/
衣裳 はらだまつの/美術 くに若尾/制作 伊藤孝・鍋島峻介/協力 現代制作舎
◆助成
芸術文化振興基金  
◆主催・ご予約・お問合せ
セッションハウス企画室
yoyaku@session-house.net
03-3266-0461